赤ちゃんの鼻詰まりにキキマス!

赤ちゃんの鼻づまり。いわゆる、「はなみず」「はなくそ」が詰まる。
これらが、赤ちゃんの小さいお鼻をふさぐので、鼻詰まりとなるのです。


赤ちゃんの鼻づまり・・・本当に、つまってます。
また、赤ちゃんの鼻づまりの現象は日常茶飯事のようです。



そして、いつものように、ネットで検索、疑問解決♪
最近は、教えて!gooなどに直接行ったりしています^^


本当にここは、出産・育児に関する知恵袋!ですね!


しかし、少し慣れてくると・・・逆にこのようなサイトに迷い込み・・・精神的にかなり不安になるときもあります・・・いくら探しても探しても内のこにぴったりの症状はありませんから〜〜


ですから、ご使用はほどほどに。
赤ちゃんの症状は、一人ひとりことなるようなので。。。


さてさて、

赤ちゃんの鼻詰まりですが、

結構、おもしろいんですよ^^
っていったら赤ちゃんに怒られますよね・・・


まず、うちの赤ちゃんは、


ブヒブヒ


いってます^^
はたまた、ネットで検索した書込みでは、


ジュビジュビ とか、
ガーガー とか、
ゴーゴー とか、
ゴォッガッ とか、
ズルズル とか、
フガフガ とか、
フンガフンガ とか、
ガフッ とか、
ブハッ とか、
ブーブー とか、
ズコズコ とか
・・・

こんなにいっぱい表現があるって、おもしろいですよね!
って、いってる場合ではないですよね・・・・。

※今日も、内の子は、ブヒブヒ言ってます^^;


では、「赤ちゃんの鼻づまり解消法!」ですが、

○1つ目は、
市販で販売されている鼻水を吸引するストローのようなもので吸い取る。
これが一番手ごろで、簡単ですねー

でも、これってなかなか吸い取れないようです。内のママもなかなか上手くいってませんでした。
もちろん鼻水は吸い取れるのですが、鼻詰まりを解消するのは、なかなか難しいようです。というのが、赤ちゃんの鼻詰まりの原因としては、鼻の奥のネバネバした物体が原因なんですって。


あのネバネバを取り除かないと、
上記のような、いろんな泣き声?息?をするのです。


親御さんの中には、すごい肺活量?吸引力で、ストローのような吸引機で吸い取る達人の方もおられるようです・・・。



○2つ目は、
プロに吸引で取ってもらう!
耳鼻科へいって、鼻詰まり専用の機械で吸引してもらうのだそうです。
これが結構一番よいかもしれまえんねー
また、ネットで検索しても耳鼻科にかれているママさん情報を多くみました。

それから鼻づまりの場合は、小児科にいくよりは、耳鼻科に言ったほうがよいそうです。吸引してくれるので。



○3つ目は、
これが一番いいのかなーとも思うのですが、これまた綿棒です。
便秘解消のときも、綿棒を使いましたが、今回の鼻づまりも綿棒が大いに役立ちます!ほんと綿棒様様です^^
ただ、まず赤ちゃんがおきているときは、駄目です。動き回りますし、嫌がりますし。特に内の子、すごく動き回る・・・

しかし、寝ているときに、奥の方に見える「鼻くそ」を綿棒でコヨリにして取るのです。これで、奥のネバネバはとれませんが、固まり気味の「はなくそ」が取れますので、少しは、鼻息はましになります。一番良いのは、吸引して鼻奥のネバネバを取り除くのがよいですが、まずは、息ができる状態にして上げる事が先決かと^^


でも、出口をふさいでいるハナクソを取るだけでも、
結構楽に赤ちゃんはなってます^^


今、嫁がこのコヨリ綿棒で超・ハマッテマス!!

「おっきいハナクソが、とれたよ♪」

っと、写メールで送ってくるのは・・・ちょっと辛いです。。。
我が子のハナクソといえど・・・。


あ、最後に、
直接、赤ちゃんの鼻を吸う。という手法が昔からされているようですね。これは鼻水だとおもいますが。こんなことができるのは、母強しですね!
posted by denden at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(1) | 赤ちゃんの鼻水
この記事へのコメント
マネージャーGJといったところか 作者にとっちゃいい迷惑とか思われそうだわ
Posted by 熊田曜子 ダウン症 at 2013年07月07日 16:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

メルシーポット S-502を安く買えるところ
Excerpt: 赤ちゃん用の電動鼻水吸引機、メルシーポット・S-502を安く買えるショップを探してみました。 赤ちゃんは体調管理が難しく、ちょっとしたことで風邪をひきやすくなっていて。 最悪の場合、鼻水でのどを詰まら..
Weblog: ネット通販の【最安値】はこちら!人気商品の価格を徹底比較
Tracked: 2016-11-13 01:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。